プロパンガス泥棒のギャル

管理会社をすっ飛ばして、大家の私に直接電話をかけてくる入居者の話です。

いつも電話越しに、「ガス代が多い」「電気代高い」と愚痴のような悩みを聞かされます。

知らんがな。。と思いつつ、一度アパートを見に行かないとらちがあかないと思い、業者を連れて”形だけ点検”に行くことにしました。ちなみにその物件は小メーターなので、毎月、管理会社に検診してもらっています。

愚痴の多い入居者の隣は、家賃が遅れがちな20代女子が住んでいます。

キャバ嬢か風俗嬢の雰囲気を漂わせたこのギャルは、年寄りばかりのアパートの中で明らかに浮いていますが、本人は気にする様子もなく、むしろ好き放題やっています。

友達を呼んで騒いだり、ゴミを適当に捨てたりするらしいです。

愚痴の多い入居者が、たまにそれも愚痴っています。

でも、愛想はよいらしく、すれ違うと元気に挨拶してくれるようで、「まあ、若いからしゃあないけどな。。」と、愚痴の多い入居者の愚痴をも黙らせるスキルを持っています。

さすが、ギャルです。

さて、業者と一緒にそのアパートに点検に行くと、到着するなり衝撃的なものを見てしまいました。

何と、ギャルの部屋から老人の部屋に、堂々と電気配線が渡っているではありませんか。よく見ると延長コードで、明らかに老人の部屋の電気を盗電しています!!

こうなるとガスも怪しいと調べてみると、プロパンガスのホースも自在に操り、ガス泥棒もしていたようです。

さすが、ギャルです!!

老人にその事実を伝えたところ、いつもの如くごにょごにょと愚痴を言ってましたが、最後に「まあ、若いからしゃあないか。。」と呟いて、この件はおしまいになりました。

マジかよ!

「世界はギャルの手のひらの上で回っている」という恐るべき事実を知った瞬間でした。

投稿募集バナー