右翼のおばちゃんと愉快な仲間達

私のアパートの一階に自称・右翼のおばちゃんが住んでいます。

入居当初は家賃交渉や不具合のクレームが多く、正直「めんどくせえババアだな」と思う時もありました。

しかし、そんな気持ちをひた隠しにして、笑顔でキチンと対応したところ、おばちゃんの右翼的センサーが反応し、「年配に気配りが出来る良き若者! 合格!」となったらしく、今では頼れる入居者になりました。

その頼れる具合と言ったらすごいのです。

他の部屋の退去が決まると、勝手に入居者を募集してくれます。

おばちゃんは右翼活動で知り合いも多いため、実際に何人もの入居者が決まっています。ひとり優良管理会社です。

おばちゃんの活動のおかげで、平凡なアパートですが常に満室運営中。入居者の半分以上が多分、右翼ですが、大家的には何の問題もありません。

おばちゃんが入居者を決めてくれると、一応お礼として家賃1ヶ月分を渡しているのですが、どうやらおばちゃん、それだけが目的ではないのです。

詳しいことは分からないのですが、週に一度、近くの接骨医の先生と一緒になって、自分の部屋を解放しています。そして、出張してきた接骨院の先生が入居者たちに無料マッサージをすることで、国から施術所出張費用が出ているようなのです。

すごいマニアックな錬金術。やはりただ者ではありません。

この出張費用を、接骨院の先生と右翼のおばちゃんで折半しているようですが、入居者は喜ぶし、おばちゃんも小銭が稼げるしで、みんなwinwinです。

でも、一番得をしているのは、大家の私だと思います。

何せ平凡なアパートが、管理会社を入れなくても勝手に入居付けされ、知らないうちに「マッサージ特典付きアパート」にレベルアップしていたのですから。

投稿募集バナー