上戸彩さんのために作ったリノベ物件

ペルソナってご存じですか?

マーケティングとかする人がやたら得意げに使う言葉ですが、簡単に言えば「商品やサービスを使ってくれるターゲット層」のことです。

大家業にはさして関係のなさそうなペルソナですが、「物件リノベのプランづくりにはペルソナが大事」と言う話を、意識高い系の大家会で聞きかじりました。

そこで、先日購入した大阪城から徒歩10分のテラスハウスをリノベーションするにあたり、ペルソナ設定をしてみることにしました。

ペルソナ設定って、結局は妄想を膨らます作業ですからね。

おっさんの僕と、おっさんの工務店担当者で話し合ったところ、とめどないおっさん妄想ペルソナができあがりました。

「33歳、ちょっと隙のある美人で、シングルマザーな上戸彩さん」

おっさんの妄想力は、ストレートなんですよね。

実際にリノベーション作業に入るにあたり、ドキドキのペルソナを引っさげた僕らは、完全に気持ちが浮ついていました。

クロスや床材選びの際も、「上戸彩さんが好きかもなあ?!」と思えば、普段は絶対に使わない高額なものを取り寄せました。

大工さんもいつもより熱心に作業をしてくれ、「このスキマ、上戸彩さんが使いやすいようにカワイイ棚を取り付けません?」などと、今まで聞いたこともない提案を出してくれました。

既に僕らの心の中では、苦労しながらも愛らしい上戸彩さんが、ちょいエロの隙をまき散らしながら、この部屋でリアルに生活をしていました。

ところで、ペルソナって残酷ですよね。

まあね、途中、冗談で言ったりはしてたんですよ。

「実際に入居するのは上戸彩さんじゃなくて、蓮舫さんみたいな気の強いオバチャンだったりするのが現実ですよね〜」なんて、ね。

でも、実際に入居が決まったのは、蓮舫さんどころか蛭子能収さんでした。

高かったデザインクロスや、カワイイ棚を蛭子さんがとっても気に入ってくれたみたいです。

蛭子さんは、その見た目とは裏腹にとても女子度の高い方みたいですね。

・・・ばかやろう。 二度と俺の前でペルソナって言葉をだすんじゃねえ。

投稿募集バナー