業者あるある

不動産投資家の皆さんと共有したい、女性業者さんあるある話です。

[その1]

店に入ると、色っぽい女性がいました。

名刺交換すると、女社長だとわかりました。

2回目に会ったとき、今度は2人きりで酒を呑みに行こうと誘われました、

その気に?なっていくと、単に専任取りたいだけのオチ。

色っぽい女社長の「吞みに行こう」は、「専任よこせ」だと思え、そう学びました。

[その2]

店に入ると、年頃の女性がいました。

ひと通りの挨拶をして帰ろうとした時、聞いてもないのに「LINE交換しませんか?」と言われました。

ほのかに期待するも、やっぱり単なる営業ツールだっただけのオチ。

年頃の女性の「LINE交換しませんか?」も、「専任よこせ」だと思え、そう学びました。

[その3]

店に入ると、冴えない女性がいました

パートのオバチャンだと思い、雑な感じで「社長さんだしてや」と言いました。

するとそのオバチャンに、もっと雑な感じで「私が社長です!」と返答されて、冷や汗のオチ。

髪がボサボサで化粧がはげていても、女性を雑に扱ってはいけない、そう学びました。

おしまい。

投稿募集バナー

Fudousan Plugin Ver.5.3.1